興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイドv0.9(中央3)
top2

探偵で詐欺に合わないために確認すべき5つのポイント

探偵社・興信所で詐欺に合いたくない。ホームページで何に注目したらよいのかを知りたい!

探偵社・興信所のホームページはどこも立派で、信頼できるように思えるかもしれません。

そして、探偵社・興信所ごとに、どこに差があるのかもわかりづらいのではないでしょうか?

今回は、探偵社・興信所で詐欺に合わないために、ホームページのどこに注目すべきかを紹介していきます。

探偵社・興信所のホームページで確認すべき5つのポイント

探偵 詐欺

ホームページで確認するポイントは、5つです。

  1. 探偵業法の届け出
  2. 所属の業界団体
  3. 活動実績の有無
  4. 御礼の言葉、口コミ文
  5. 相談料金

①探偵業法の届け出

①探偵業法の届け出

最初に確認すべきは、探偵業法の届け出をしているかです。

まともな事業者であれば、探偵業法の届け出番号や証明書をホームページ上にアップして います。また、事務所に訪問することがあれば、目立つところに証明書が提示されているかを確認しましょう。この証明書は、本社、支社を問わず保管されているはずです。

②所属の業界団体

2つ目に確認すべきなのは、業界団体への所属です。

業界団体に所属していることで、最低限まともに探偵業を営んでいることがわかります。業界に所属していなくても優良な探偵社は存在するのですが、実際に訪問して調査を依頼しないと判別できないのが悩ましいところです。
【参考:探偵業界に協会や組合って存在するの?

③活動実績の有無

③活動実績の有無

3つ目に確認すべきは、会社の所在地や社長名が公表されているかを確認しましょう。それだけではなく、その住所での営業実態があるかを合わせて確認すべきです。

今回解説する中でも、一番重要なことなので注意してください。

探偵社によっては、全国展開を標榜している探偵社や、支店を何店舗も置いている事業者も存在します。しかし、その実態を詳しくみると、活動実績がない場合が沢山あ ります。

詐欺会社が活動実績のない住所を公表することは、常套手段ですので気を付けましょう。

登録されている住所が全く実在しない住所であることはないでしょう。

しかし、それに準ずるケースは存在します。具体的には、バーチャルオフィスやレンタルオフィスの契約と、転送電話の契約により、住所を登録を済ませているケースです。このケースの場合、予約制の共用会議室の予約が出来れば、依頼者からの相談も受けることができます。つまりは、スタッフが常駐せずに依頼者からの電話対応、面談や契約業務までをこなしているということです。

ぶっちゃけていえば、最初から自社の社員などその支社にはおらず、その土地の探偵社に業務を委託している のです。このあたりのことは、探偵社側はあえていいませんが、多くの探偵社は質問すればその事実を認めるでしょう。探偵事務所と契約を結ぶ段階で登場す る、「重要事項説明書」等にも、「業務委託」についての契約条項がきっちりと記載されています。それくらい探偵業界では当たり前のことなのです。このあた りの実態は、日本全国で探偵業としての届出を提出している7割が個人事業主であることからも裏付けられています。但し、あえてその事実に触れないのは、業務委託しているなら最初からあなたの事務所に依頼するメリットはあるの?ということを悟らせないための一部の大手探偵事務所の防衛策です。

こ のあたりのことは、GoogleやYahoo!等の検索エンジンで探偵社の住所を検索してみれば容易に判明します。貸しオフィスであれば不動産のホーム ページが検索結果に表示されますし、バーチャルオフィスやレンタルオフィスであれば運営事業者のホームページが検索結果に表示されるはずです。さらに、 GoogleMap等のストリートビューを確認すれば、事務所の外観くらいはハッキリとわかります。

ここで、一点注意点を述べるとすれば、「オフィスが綺麗でないからやめようかな?」と考えるのはおススメできません。

個人的な意見ですが、多少ボロいオフィスでも賃貸オフィスで長年そこの地で活動している探偵社の方が、見せかけでキレイなバーチャルオフィスに住所登録している探偵社よりは好印象です。この傾向は、特に地方都市で顕著な傾向があると思います。

④御礼の言葉、口コミ文、自慢

4つ目に注意すべきなのは、御礼の言葉や、口コミ文、自慢についてです。

これらは、一切信用しないでください。自作自演でない場合もあると思いますが、信じたところで価値はないので最初から信用し過ぎてはいけません。

特に、「全国トップクラスの調査力」、「成功確率99%(もしくは100%)」などは、嘘だと考えてよいでしょう。全国トップクラスの調査力を証明するものもなければ、成功の定義も曖昧なはずです。

⑤相談料金

現在は無料相談で見積もりを提示してくれる探偵社が主流ですが、そうでない場合もあります。

無料で相談にのってくれない探偵社で良い評判を聞いたことがないので、おススメはしません。

勝手に、「相談は無料だろう」と決めつけてはいけません。

まとめ

これまでに紹介した5つのポイントをおさえるだけで、詐欺に合う可能性を下げることができると思います。

是非実践してみてください。

最後に、そもそも探偵社のホームページがないという場合はどうすればよいかという問題について触れておきます。

ここは大変悩ましいのですが、都市部で営業している探偵社 であれば、ホームページがない探偵社は避けるのが無難です。

地方の場合は、ホームページがない場合もあると思いますが、その場合は可能であればアポなしで 飛び込みで話を聞いて実態を把握するのが一番の近道だと思います。

次におススメの記事は、こちらです。実際に探偵社・興信所に電話やメールでコンタクトを取る時の注意点について紹介しています。
推奨探偵社・興信所に電話・メール相談の際に気を付けるべき3ポイント

失敗しない探偵の選び方!

記事一覧

探偵社の料金

浮気調査 費用

浮気調査の費用を極力安くする秘訣・コツ

浮気調査の費用を極力安くしたい! 浮気調査の費用を極力安くしたい方に向けて、アドバイスをしていきたいと思います...
記事一覧

コラム

記事一覧

浮気の兆候を見逃さない!

記事一覧

浮気調査は必要なのか?

記事一覧

浮気調査するなら知っておこう

記事一覧

自分で出来る浮気調査

浮気の口実
441

浮気の口実を見破る方法【パートナー外出時】

浮気の口実を見破りたい! ○○に出かけてくる!というのは、嘘かもしれません。 本記事では、浮気の口実として使わ...
記事一覧

浮気調査

記事一覧

探偵の探し方

探偵 調査
827

探偵社・興信所の調査を見守る際の注意点

探偵の調査を見守るのは不安だけど、じっと待っているだけでいいの? 探偵に一度調査を依頼したら、「じっと待ってい...
記事一覧

探偵業界の仕組み

記事一覧

浮気・不倫

記事一覧

家出人探し

行方不明 捜索方法
1419

行方不明の捜索方法は地道な人海戦術

行方不明者の捜索方法はどうすればいいの? 行方不明者の捜索方法は一筋縄ではいきません。 そもそも、行方不明者の...
記事一覧
Return Top