興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイドv0.9(中央3)
top2

探偵になる方法と探偵業の実態について解説

探偵になるにはどうすればいいの?

探偵になる方法

友人や知人に探偵業を営んでいる方がいるならば、探偵・興信所の実態について話を聞く機会があるかもしれませんが、そうでない方が多いでしょう。

平穏な日常生活を過ごせるなら一生に一回もお世話にならずに過ごすことのできる職業だと思います。

一般の方が慣れしんでいない「探偵」、もしくは「興信所」と呼ばれる方々の実態を知っておくと、これから探偵・興信所に仕事の依頼をしたいという方や、これから探偵になりたいけどどうすればいいの?という方には有益な情報となるでしょう。

本記事では、「探偵になる方法」と「探偵業社・興信業社の業務実態」について紹介していきたいと思います。

探偵になる方法

探偵になるには、

  • 各都道府県の公安委員会に届け出を提出する

以上の要件を満たせばOKです。

もちろん、暴力団関係者や過去5年間探偵業法を犯した者は探偵業を営めないという制限はありますが、届け出を提出するだけで、探偵業を営めるの?という事実に驚く方も多いのではないでしょうか?

医者や弁護士になるためには、相当な期間の就学実績と試験を突破する必要がありますが、探偵には資格試験の合格は必要ありません。

イメージとしては、コンサルティング業に近いでしょう。

コンサルティング業といっても、「○○コンサルタント」を名乗る沢山の方々がいらっしゃいます。例えば、「経営コンサルタント」といえば、カッコイイイメージがあるかもしれませんが、経営コンサルタントになるための資格はありません。経営コンサルタントとして肩書と実力の両方が備わっている方々は実はそれほどいません。

探偵業の話に戻ります。

冒頭で紹介した探偵業になるため届出(探偵業届出証明書)は、2007年6月1日に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」(探偵業法)以前は、届ける必要すらありませんでした。

探偵業法とは?

探偵業法とは?

この探偵業法が施行された歴史と内容を簡単に振り返っておきます。

探偵業法が施行された背景

探偵業法が施行された背景には、探偵や興信所による詐欺被害を訴える消費者の声がピークに達したことがあります。

探偵業法が施行されるまでは、誰でも探偵を名乗れる状況だったので、詐欺師のやりたい放題という状況でした。

具体例をいくつか挙げると、

  • ぼったくりに近い高額の請求をする
  • 仕事がいい加減
  • 犯罪行為に手を染める
  • 依頼者の悩みに付け込んで脅迫する

以上のような相談が、警察署や消費者庁に多く寄せられたことで、国も無視できなくなりました。

真面目に探偵業を営んでいた方々は、業界全体のイメージが悪くなるよりは、悪徳探偵を取り締まってほしいと考える方々も多かったのですが、それが現実化することになりました。

探偵業法で決められていること

探偵業法が施行された背景を知ると、想像できると思うのですが、探偵業法とは探偵に国家資格を与えて地位を向上させるものではありません。

探偵業法とは、各都道府県の公安委員会が探偵業者を把握し、トラブルを抑制して業務の適正化を目指すという意味合いが強いです。

探偵業法の施行で探偵業界は浄化されたか?

消費者からすれば、探偵業法が施行されたので、探偵業界は浄化されたのだろう。と考えると思いますが、実態は少し違います。

たしかに、探偵業法が施行されたタイミングで、明らかにやましいことをしている自覚がある方々は、公安委員会に届け出をしなかったといわれています。

「いわれています」と曖昧な言葉を用いたのは、それまでは誰も探偵の正確な人数を把握していなかったためです。一説には、探偵業法が施行されたタイミングで公安委員会に届け出をしたのは、それまで探偵業を営んでいた約半数だといわれています。

逆にいえば、約半数はアンダーグランドの世界に忍び込んだと考えることもできます。

探偵業を届けると、「探偵業届出証明書」なるものが交付されます。そして、探偵業届出証明書を本店、支店に関わらず営業所の見やすい場所に置いておかなければいけないというルールがあります。

しかし、それすら偽造される場合があります。一般消費者からすれば、「探偵業届出証明書をまさか偽造しないだろう」と考えるため、探偵業届出証明書なるものがあればそれ以上詮索することはありません。

また、探偵業届出を行っている業者でも詐欺行為を行わないわけではありません。しかし、仮にそのような業者が警察に摘発されても、翌日に新しい社長を据えて申請をし直すことで、同じ営業所で営業を再開するという驚きの業者も存在するのが実情です。

まとめ

探偵業者や興信業者を選択するにあたって、「探偵業法の届け出」というのは最低限のハードルであることを理解していただけたのではないでしょうか?

くれぐれも「探偵業届出証明書があるから、安全な会社に違いない」とは考えないようにしてください。

どうすれば安全な探偵業者を見つけることができるのか?ということを本サイトではお伝えしていきたいと思いますが、実はものすごく難しい問題です。

なぜならば、探偵業者で全国一律で同品質のサービスを展開しているところは皆無に等しいからです。地域によっては大手よりも地元の地理に精通している地元の業者が適切な場合もあります。

そもそも、全国誰もが知っていて全国展開している会社は日本にほとんどありません。「マクドナルド」、「セブンイレブン」くらいでしょうか?セブンイレブンですら、地域によっては他のコンビニの方が勢力が強い場合があります。

そのため、本サイトでは依頼する立場のニーズに少しでもあった探偵業者と巡り合うための確率を少しでも上げる方法を紹介していきます。

失敗しない探偵の選び方!

記事一覧

探偵社の料金

浮気調査 費用

浮気調査の費用を極力安くする秘訣・コツ

浮気調査の費用を極力安くしたい! 浮気調査の費用を極力安くしたい方に向けて、アドバイスをしていきたいと思います...
記事一覧

コラム

記事一覧

浮気の兆候を見逃さない!

記事一覧

浮気調査は必要なのか?

記事一覧

浮気調査するなら知っておこう

記事一覧

自分で出来る浮気調査

浮気の口実
496

浮気の口実を見破る方法【パートナー外出時】

浮気の口実を見破りたい! ○○に出かけてくる!というのは、嘘かもしれません。 本記事では、浮気の口実として使わ...
記事一覧

浮気調査

記事一覧

探偵の探し方

探偵 調査
877

探偵社・興信所の調査を見守る際の注意点

探偵の調査を見守るのは不安だけど、じっと待っているだけでいいの? 探偵に一度調査を依頼したら、「じっと待ってい...
記事一覧

探偵業界の仕組み

記事一覧

浮気・不倫

記事一覧

家出人探し

行方不明 捜索方法
1529

行方不明の捜索方法は地道な人海戦術

行方不明者の捜索方法はどうすればいいの? 行方不明者の捜索方法は一筋縄ではいきません。 そもそも、行方不明者の...
記事一覧
Return Top