興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイドv0.9(中央3)
top2

興信所のおすすめをピンポイントで提示してくれるサービスの紹介

有名興信所をピンポイントで興信所を教えてくれる!?

探偵社・興信所を1社探して、無料見積もりをお願いするだけでも、大変な作業だと思います。

そんな不便を解決する、興信所の紹介サービスが存在します。

本記事では、第三者が興信所を選定して、依頼者の要望に合ったおすすめ興信所を紹介してくれるサービスについて紹介していきます。

興信所をピンポイントで紹介する「探偵さがしのタントくん」

興信所 おすすめ

まずは、「探偵さがしのタントくん」のサービス内容を確認してください。

>>「探偵さがしのタントくん」の公式情報はコチラ!!<<

「探偵さがしのタントくん」を運営する会社について紹介していきます。

運営会社 株式会社スタイル・エッジ
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル8階
設立年月日 2008年6月19日
資本金 2,200万円(2014年11月1日現在)
業績 2014年度13億円
従業員数 83名(2015年2月1日現在、アルバイト含む)
グループ企業 株式会社ROSSOコンサルタンツ

スタイル・エッジという会社は、士業(弁護士・公認会計士・税理士等)を中心にWEBマーケティングを前提としたコンサルティング業務を行っている企業です。

つまり、集客が伸び悩んでいる士業の事務所に、「WEBを通じた集客のやり方」を指南したり請け負ったりしている企業です。

「探偵さがしのタントくん」もその延長上にあるのだと思います。個別の探偵社・興信所それぞれの集客活動を手伝うよりは、複数の興信所をまとめて一括見積サービスを立ち上げたほうがビジネス的な旨みが大きいです。一番大きな旨みとしては、「契約を打ち切られない」ということが挙げられるでしょう。このサービスを立ち上げた結果、一定以上の集客をクライアントである興信所に提供できれば、単発プロジェクトを請け負うコンサルタント会社からビジネスパートナーとして大きな存在感を示すことができるでしょう。

もちろん一方で、顧客にとっても複数の興信所の中から、最適な探偵社を紹介してくれることは魅力的だと思います。

「探偵さがしのタントくん」のサービス概要

「探偵さがしのタントくん」のサービス概要「探偵さがしのタントくん」のサービス概要

「探偵さがしのタントくん」のサービスの概要を紹介していきます。

サービスの概要を紹介します。

まず最初に断わっておきたいのは、このサービスを利用する対象者は「浮気調査」を希望する方のみです。興信所の業務は人探しや素行調査等の多岐に渡るのですが、このサービスで想定している利用者は、「浮気調査」です。

実際のサービスの流れですが、6つの簡単な質問にWEB上で回答すると、希望に沿った探偵社を紹介してくれます。その後は探偵社と個別に相談にのって貰ったり、料金の見積もりを提示してもらったりすることができます。

その6つの簡単な質問とは、以下の質問です。

  1. 調査の対象
    ⇒調査対象を「夫」、「妻」、「父」、「母」等の選択肢から選択
  2. 疑惑の程度
    ⇒「浮気を疑っているので相談したい」、「絶対浮気をしていると思うので探偵を紹介して欲しい」の2択から選択
  3. 具体的に知りたい内容・お悩みについて教えてください。
    ⇒自由記入欄
  4. 浮気が確定した場合はどうしたいですか?
    ⇒「離婚して慰謝料請求」、「できるならやり直したい」、「まだわからない」の3択から選択
  5. 依頼者の基本情報
    ⇒「未既婚」、「性別」、「世代」、「住まいの地域」の情報を入力
  6. 連絡先情報
    ⇒「氏名(匿名OK)」、「連絡がとれやすい時間帯」、「電話番号」、「メールアドレス」等

「探偵さがしのタントくん」のメリットとデメリット

「探偵さがしのタントくん」のメリットとデメリット

サービス自体はシンプルなのでこれ以上語ることはないので、メリットとデメリットについて詳しく述べていきます。

「探偵さがしのタントくん」のメリット

匿名で手軽に比較してくれることは、一番最初に感じるメリットです。探偵社に個別に相談する場合は、名前の記載が必須となる事業者がほとんどです。

また、このサービスのメリットは、「最低限まともに営業している探偵社を紹介してくれる」という点でしょう。

ぼったくりにあったり、詐欺被害に合うような悪質な業者は、スタイル・エッジによってスクリーニングされています。
具体的には、「各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出」(現在は届け出を出していない業者に引っかかることはあまりないですが。。)、「探偵数15人以上」、「年間解決実績500件以上」というハードルをクリアした探偵社のみの紹介となります。

尚且つ、メールで手軽に要望を伝えられる点もメリットでしょう。

どういうことかと言うと、探偵社によっては相談員が男性だったり女性だったりします。依頼者の状況に応じて、相談する相手の性別を指定したいことがあるでしょう。その他には、「料金体系を指定したい。」、「後払い制の探偵事務所を希望している」、「離婚裁判で利用できる報告書を作成可能な探偵社が良い」、「クレジットカードで料金を支払いたい」、「分割やローンでの支払いは可能か?」等々、疑問や不安に思っていることは沢山あるはずです。

なお、興信所の料金体系について、相談前に知識を入れておきたい方はこちらも参考にしてください。
【参考:興信所の料金体系3パターン【まとめ】

以上のような探偵社には直接伝えずらい要望を第三者を通じて伝えることができるのは、魅力的でしょう。

「探偵さがしのタントくん」のデメリット

魅力的に思える「探偵さがしのタントくん」にもデメリットはあります。

それは、有名・有力興信所の紹介はしてもらえないことです。

そもそも、老舗や大手の探偵社や興信所は、紹介サービスを利用する必要はありません。高い認知度を武器に、自社で集客できるのであれば、それに越したことはないからです。

但し、そのような有名・大手の探偵社・興信所の存在は稀で、業界では数が限られています。探偵業の届け出を行っている事業者の約7割が個人事業主なので、自社で抱える探偵数が15名を超えた時点で十分中堅の事業者です。

「探偵さがしのタントくん」で紹介してくれる事業者は、以下の8社です。(2015年8月24日時点)

  1. ハル探偵社
  2. 総合探偵社アムス
  3. 総合探偵社TS
  4. 探偵社FUJIリサーチ
  5. イズム調査事務所
  6. もみじ探偵社
  7. 株式会社AID
  8. フルスピード

※上記探偵社をクリックして頂くと、個別の探偵社に依頼する時の注意事項を詳しくまとめた記事に移動します。

ちなみに、「探偵さがしのタントくん」では「社員数が15人以上」ではなく、「探偵数が15人以上」という記載のされ方をしていることから察するに、15名の中にはフリー探偵との契約数や個人事業主との提携関係を含んでいる可能性があります。
【参考:全国展開している探偵社の大手は存在しない?業界の実態

ちなみに、大手になると「年間実績2,000件弱」、「社員数100名程度」という探偵事務所もあります。
【参考:探偵・興信所大手の基本情報一覧 10選

まとめ

ここまでの内容をまとめると、「探偵さがしのタントくん」を利用すること自体のデメリットはないと思うので、紹介される中堅探偵社の話を聞いてみるのは悪い話ではありません。

大手の探偵社には、繁忙期も閑散期も年中安定して探偵を供給できる強みがありますが、中堅探偵社にはその強みはないです。しかし、中堅探偵社が寄り添っていれば、大手以上に安定した人材派遣が可能になるのだと思います。

もし、大手の探偵事務所がお近くにあれば、大手の探偵事務所や興信所で並行して話を聞いてもらい、一番料金面、スキル面、信頼度を総合的に判断して、一番しっくりくる探偵社に仕事を依頼してみてはいかがでしょうか。

>>「探偵さがしのタントくん」の公式情報はコチラ!!<<

基本的な探偵社・興信所の探し方はこちら。
【参考:探偵の探し方・依頼方法【最短マニュアル】

大手探偵社の評価はこちら。
【参考:興信所の評判を安心度・料金・スキル等で徹底解説

失敗しない探偵の選び方!

記事一覧

探偵社の料金

浮気調査 費用

浮気調査の費用を極力安くする秘訣・コツ

浮気調査の費用を極力安くしたい! 浮気調査の費用を極力安くしたい方に向けて、アドバイスをしていきたいと思います...
記事一覧

コラム

記事一覧

浮気の兆候を見逃さない!

記事一覧

浮気調査は必要なのか?

記事一覧

浮気調査するなら知っておこう

記事一覧

自分で出来る浮気調査

浮気の口実
496

浮気の口実を見破る方法【パートナー外出時】

浮気の口実を見破りたい! ○○に出かけてくる!というのは、嘘かもしれません。 本記事では、浮気の口実として使わ...
記事一覧

浮気調査

記事一覧

探偵の探し方

探偵 調査
877

探偵社・興信所の調査を見守る際の注意点

探偵の調査を見守るのは不安だけど、じっと待っているだけでいいの? 探偵に一度調査を依頼したら、「じっと待ってい...
記事一覧

探偵業界の仕組み

記事一覧

浮気・不倫

記事一覧

家出人探し

行方不明 捜索方法
1529

行方不明の捜索方法は地道な人海戦術

行方不明者の捜索方法はどうすればいいの? 行方不明者の捜索方法は一筋縄ではいきません。 そもそも、行方不明者の...
記事一覧
Return Top