興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイドv0.9(中央3)
top2

探偵との契約時に確認すべき7つの質問

探偵と対面相談するときにしておくべき質問は?

探偵と対面相談するといっても、始めてのことなので何を質問したらいいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、探偵と対面相談する時にしておくべき質問についてまとめておきます。

探偵との契約時にしておくべき7つの質問

探偵 質問

探偵に質問するときは、メモ帳とペンは忘れずに持参しましょう。

また、用心に用心を重ねたい場合は、こっそりカバンにテープレコーダーを忍ばせておくとよいでしょう。しかし、テープレーコーダーは、探偵社側からすれば目の前に置かれていい気持ちは100%しないと思うので、こっそり長時間録音できるものをカバンに忍ばせておきましょう。

探偵との契約時にしておくべき質問をいかに箇条書きにしておきます。

  1. 担当者の名前と名刺
  2. 調査内容と金額
  3. 調査の成功の定義と失敗した時の対応
  4. 証拠撮影の方法
  5. 日程変更・途中解約への対応
  6. 調査側の判断で調査が中止された時の対応
  7. 調査の途中経過、最終報告のタイミング

それでは、順に解説していきます。

①担当者の名前と名刺

担当者の名前と名刺は確認しておきましょう。

先方の事務所で話を聞くときは必要はないかもしれませんが、ビジネスマナーとして当然のことです。

②調査内容と金額

調査内容と金額の整合性をしっかりと確認しておきましょう。

このテーマについては、別途詳しく紹介していきます。

③調査の成功の定義と失敗した時の対応

調査に失敗したことはありません!と強気の探偵社・興信所は、いまでも存在しますが、そもそも「成功」の定義がハッキリしません。

料金プランが「成功報酬制」のときはもちろんですが、しきりに「成功する。絶対失敗はしない」と主張する探偵社であれば、成功の定義について質問してみましょう。

良くあるパターンでは、探偵社側の成功は「失尾(対象者を見逃がすこと)しなかったら成功」と設定していることが一般的です。間違っても、「浮気をほぼ必ず発見できる」とか、「行方不明者を見つけることができる」ということではないですので、勘違いしないことが大事です。

また、失敗した時の対応についても必ず質問すべきです。探偵社・興信所によっては、

  • 失尾してしまったときはすぐに依頼者に連絡して、失敗の事実をごまかさない。
  • 無料で調査をやり直す

という対応をしてくれるところも、一定数存在します。

絶対に失敗しないということを強調するものの、失敗したら料金を請求する探偵社と、失敗したらその事実を認めて調査を無料でやり直してくれる探偵社のどちらがよいかと問われれば、後者の探偵社ではないでしょうか?

④証拠撮影の方法

証拠撮影の方法は、「写真なのか?」、「動画なのか?」ということをしっかり確認しましょう。さらに、夜の撮影でも、記録がしっかり映るような撮影機材を利用しているかをしっかりと確認しましょう。

探偵社によっては、「動画では裁判の証拠にはならない」などと主張する探偵社・興信所もありますが、「嘘」です。

自分たちの撮影技術の未熟さや不十分な体制を認めたくないための方便ですので、信じないようにしましょう。

⑤日程変更・途中解約への対応

日程変更や途中解約への対応は、重要です。

仮に当初の予定では、「浮気をする可能性が高い!」ということが判明していたとします。しかしながら、その日に急な出張が入ったり、浮気する可能性が少ないことが判明することだってないとはいえません。または、急病のために入院する可能性だってあります。

そのような日程変更は、どのような理由で、いつまでのタイミングであれば認められるのかを確認しましょう。

一切の日程変更や途中解約が認められないということであれば、長期の契約を結ばずに、1日単位での契約を依頼したほうが結果的に安上がりだったり、リスクを下げることができると思います。

よくあるトラブルとしては、以下のようなトラブルです。

  • 調査期間の途中でキャンセルしたら全額を請求された
  • 調査実行日前にキャンセルしたら、着手金に加えてキャンセル料まで多額に請求された

探偵社に、「契約書にきっちりと記載があります」と強気にでられた時に、反論するだけの十分な根拠がある場合は稀だと思いますし、そもそも契約前に依頼者側と探偵社側がきちんと認識を合わせていれば、トラブルになることもないはずです。

⑥調査側の判断で調査が中止された時の対応

調査側の判断で調査が中止される場合もあります。

その理由として一番よくありがちなのは、「対象者に警戒されている」というものです。

しかし、その探偵社側の判断が適切だったのかを依頼者側が判断することはできません。そのため、先方からの判断で調査が終了した場合に、料金がきちんと返金されるのかが契約書に記載されているかを確認したほうが無難です。

⑦調査の途中経過、最終報告のタイミング

調査の途中経過は、依頼者としては気になるでしょう。気になって当然です。

その調査結果の途中経過は、どれくらいの頻度で報告してくれるのかを確認しましょう。しっかりと連絡をくれる探偵社であれば、調査をしたフリをして料金だけせしめるといったことはしないでしょう。

また、調査結果としての正式な報告書をいつのタイミングで提出してくれるのかも合わせて確認しましょう。

まとめ

いづれにせよ、探偵社側とのやりとりの際に曖昧な態度は控えるのが無難です。

最後に本記事で述べてきたことを質問形式で箇条書きにしていきます。

ストレートな聞き方になっていますが、わからないときはズバリ聞いたほうがいいです。交渉の席で、オドオドしていてはいけません。

探偵社にしておくべき質問例
  • はじめまして。名刺を頂けませんか?(なければ自筆で書いてもらいましょう。)
  • 調査金額の見積書を見せてもらえませんか?
  • 調査に失敗したときは、調査を無料でやり直して頂けるものなのでしょうか?
  • 調査対象者を見逃したときは、いつのタイミングでご連絡いただけますか?
  • 証拠は、動画形式ですか?写真ですか?両方ですか?機材は夜間の調査に耐えうる十分な性能がありますか?
  • 調査をキャンセルした時の返金について教えてください。また、キャンセル料は設定されていますか?
  • 調査員側の都合で調査を打ち切る可能性はありますか?あるとしたらどのような場合ですか?その場合の料金はどうなりますか?
  • 調査の途中経過はいつのタイミングでいただけますか?逐次報告をいただけますか?
  • 最終報告書の提出はいつになりますか?

是非とも参考にしてください!

失敗しない探偵の選び方!

記事一覧

探偵社の料金

浮気調査 費用

浮気調査の費用を極力安くする秘訣・コツ

浮気調査の費用を極力安くしたい! 浮気調査の費用を極力安くしたい方に向けて、アドバイスをしていきたいと思います...
記事一覧

コラム

記事一覧

浮気の兆候を見逃さない!

記事一覧

浮気調査は必要なのか?

記事一覧

浮気調査するなら知っておこう

記事一覧

自分で出来る浮気調査

浮気の口実
441

浮気の口実を見破る方法【パートナー外出時】

浮気の口実を見破りたい! ○○に出かけてくる!というのは、嘘かもしれません。 本記事では、浮気の口実として使わ...
記事一覧

浮気調査

記事一覧

探偵の探し方

探偵 調査
828

探偵社・興信所の調査を見守る際の注意点

探偵の調査を見守るのは不安だけど、じっと待っているだけでいいの? 探偵に一度調査を依頼したら、「じっと待ってい...
記事一覧

探偵業界の仕組み

記事一覧

浮気・不倫

記事一覧

家出人探し

行方不明 捜索方法
1419

行方不明の捜索方法は地道な人海戦術

行方不明者の捜索方法はどうすればいいの? 行方不明者の捜索方法は一筋縄ではいきません。 そもそも、行方不明者の...
記事一覧
Return Top