興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイド

興信所・探偵ガイドv0.9(中央3)
top2

探偵の張り込み技術 11選

探偵の張り込み技術にはどんなものがあるの?

探偵 張り込み

探偵の仕事は依頼者からは、殆どわかりません。依頼したはいいが、本当に仕事をしているのか?ということは、連絡をもらえない限り把握できません。

そのあたりの事情も探偵業に不信感や胡散臭いイメージをもつ一つの原因になっているように思います。

本記事では、探偵業の必須スキル「尾行」、「張り込み」、「聞き込み」技術の中でも、一番周囲から怪しまれる可能性が高い「張り込み」技術について紹介していきます。

 

1 立ち張り

探偵 張り込み 立ち張り

張り込みの一番の基本は、立って張り込みをすることです。「立ち張り」、「立ちんぼ」とも呼ばれています。

立ち張りの極意は特にありません。基本的には、目立たない服装をして、できるだけ目立たないように息をひそめて立ち続けるだけです。

雨が降っていても、状況によっては数時間の間立ち続けていなければいけません。そのため、まず必要なのは、体力と忍耐力です。実際にやるとわかるのですが、近所の電柱の脇で5時間程度じっと立っていることは非常に苦痛です。本当に暇です。仕事とはいえ、地味でキツイ仕事です。

立ち張りに必要なのは、体力忍耐力だけではありません。「鈍感力」も必要です。なぜならば、立ち張りは周囲の冷ややかな視線に晒されることになるからです。立ち張りの現場が、繁華街ならばずっと立っている人がいても、それほど気にされないかもしれません。しかし、立ち張りの現場が静かな住宅街や小規模な商店街、シティホテルのロビーなど、何時間も居続けていたら近隣住民や従業員に不審がられてしまうことも多々あります。時には通報されてしまうこともありますが(警察対応については後述)、周囲の人に警戒されてしまおうと、調査対象にさえ気付かれなければ良いのです。

この単純な仕事ながらも、体力的にも精神的に厳しい仕事は、新人の間にみっちり仕込まれます。むしろ、新人に押し付けられるといった方が近いかもしれません。この立ち張りがキツイので、辞めてしまう人も少なくありません。この傾向は、常識やモラルが強い人物ほど強いと思います。想像してみてください。近所の主婦からまるで犯罪者を見るようなまなざしを浴びせられる状況を。

しかも最近は無差別で身勝手な凶悪事件も増えていますから、周囲の目は年々厳しくなっています。

なお、プロ意識の高い探偵の中には、オムツをして立ち続ける方もいます。

2 点張り

探偵 尾行 点張り

点張りとは、建物の出入りなどを直接確認できない場合に、ターゲットがそこから出てから向かってくるだろうと想像される道筋で二手や三手で待ち伏せすることです。

商業ビルでも、出入り口は一つとは限りませんし、それはホテルでも同様です。複数の出入り口がある場合は、一人だけでは正確な調査を遂行することが難しいのは、このような事態に備えるためです。

3 車張り

探偵 張り込み 車張り

現場の状況が許せば、車の中で行うのが基本です。

車の後部座席には、日よけやプライベートフィルムが装備されており、そこから撮影をすることになります。

4 張込みでの距離感

探偵 張り込み 距離感

張り込みの際に、調査対象者との距離感は重要です。しかし、距離感については状況と調査員のスキルによって違いますので、一概にいえません。仮に撮影が必要ない場合や面取り(対象者が間違いなく本人であると確認すること)に自信がある場合は、距離を詰める必要はないために距離を取ります。逆に、ターゲットの顔を一度も見たことがないような場合や撮影が必要な場合は、距離を詰める場合があります。

5 変装

探偵 張り込み 変装

張り込み時における変装について紹介します。

コツは状況に合わせることですが、大したことではありません。オフィスビルではスーツを着る、高級ホテルでは品の良い服を選ぶことが大事です。とにかく、状況に溶け込めればそれでいいのです。逆に一番NGなのは、状況から浮いてしまうことです。探偵の調査は、「こっそり」行うことに極意があるので、目立たないことが重要です。

6 依頼者からの協力

探偵 張り込み 依頼者

依頼者からの協力があれば、かなり助かります。特に、調査対象者の生の姿を一度も見たことがない状況では重宝します。「今自宅のマンションからでました。服装は、○○です。」というような連絡を貰えるだけでも調査の役に立ちます。

しかし、依頼者からの情報を過信しすぎてもいけません。なぜならば、情報の共有がリアルタイムではない可能性があるからです。また、依頼者が過度に緊張してしまい、調査対象者に違和感を感じさせてしまうことにもつながります。

そのため、本当のプロの探偵は、依頼者からの情報はあくまで補助的なものとして捉えています。

7 ドアへの詰め物で出入りを知る

探偵 張り込み ドア

ドアへの詰め物で出入りを知ることもあります。

ドアへの詰め物が落ちているか落ちていないかで、調査対象者が移動したのか移動していないかを図る手段です。

この方法が有効なのは、ターゲットの住所がわかっているものの顔写真がない場合で、且つセキュリティの緩いアパートや集合住宅の場合に適していきます。

事前に聞いている調査対象者の年齢や性別、身体的特徴に近い人物が出入り口に現れた時に、速やかにドアの詰め物を確認することで、対象者であるかそうでないかを確認することになります。

8 盗聴器で出入りを知る

探偵 張り込み 盗聴器

盗聴器で会話を聞くことがメインではありません。あくまでドアの開閉音を拾うことが目的です。ドア付近の目立たないところに、小さな盗聴器を隠して置くことで、リアルタイムで状況を把握することが可能になります。

しかし、盗聴器を備えつける場所がなければ実行できないです。また、発見されるリスクがあります。仮に発見されてしまえば、警察に駆け込まれる可能性だってあります。

9 無線式カメラでの監視

探偵 張り込み 無線式カメラ

無線式カメラとは、盗聴器のカメラ版と考えておけば良いです。煙草の空箱に入れるタイプや、バックに仕込むタイプ、帽子に仕込むタイプ、ヘッドフォンに仕込むタイプなどがあります。その場の背景にあった入れ物の中に隠すのが常套手段です。

しかし、通常のカメラに比べて画像が多少荒くなってしまったり、距離が離れすぎていると無線式カメラからの電波を受信できないために映像を確認できない可能性もありますので注意が必要です。

10 空き部屋を借りて張り込む

探偵 張り込み 空き部屋

張り込み現場を監視できる位置にアパートやマンションなどの空き部屋があった場合は、そこの部屋を借りることもあるようです。

もちろん、家賃代の費用がかさむので、依頼者が負担できることが絶対条件です。そこまでしてでも、情報が欲しいのは多くは企業からの依頼であることが多いようです。

11 警察とのやり取り

探偵 張り込み 警察

「1 立ち張り」でも触れましたが、警察とのやり取りも重要です。

立ち張りをしていると、どうしても警察に通報されてしまうケースもあります。警察に通報されていなくても、警察が見回りに来た時に職務質問される可能性はゼロではありません。

警察という国家権力と喧嘩をしても、いいことは本当に一つもありません。警察も仕事だから見回りしているだけなので、身分と事情を話せば持ち物検査されることはあるかもしれませんが、逮捕されることはないですし、「同じ場所にいると、私たちが(警察が)仕事していないみたいに思われるから、場所を移動してもらえませんか?」というようなやり取りでことが済む可能性があります。

まとめ

探偵の仕事の実情に少しでも触れると、あまりにも安い料金では逆に信用できないことがわかるでしょう。仕事が辛いわりに給料が安かったら、そんな職業に誰もが従事することはありませんし、スキルのある探偵であればあるほど、給料が高いところに転職するか、独立するでしょう。

高ければいいわけでもないのですが、相場よりも圧倒的に安い探偵社は避けた方が無難でしょう。

失敗しない探偵の選び方!

記事一覧

探偵社の料金

浮気調査 費用

浮気調査の費用を極力安くする秘訣・コツ

浮気調査の費用を極力安くしたい! 浮気調査の費用を極力安くしたい方に向けて、アドバイスをしていきたいと思います...
記事一覧

コラム

記事一覧

浮気の兆候を見逃さない!

記事一覧

浮気調査は必要なのか?

記事一覧

浮気調査するなら知っておこう

記事一覧

自分で出来る浮気調査

浮気の口実
479

浮気の口実を見破る方法【パートナー外出時】

浮気の口実を見破りたい! ○○に出かけてくる!というのは、嘘かもしれません。 本記事では、浮気の口実として使わ...
記事一覧

浮気調査

記事一覧

探偵の探し方

探偵 調査
859

探偵社・興信所の調査を見守る際の注意点

探偵の調査を見守るのは不安だけど、じっと待っているだけでいいの? 探偵に一度調査を依頼したら、「じっと待ってい...
記事一覧

探偵業界の仕組み

記事一覧

浮気・不倫

記事一覧

家出人探し

行方不明 捜索方法
1486

行方不明の捜索方法は地道な人海戦術

行方不明者の捜索方法はどうすればいいの? 行方不明者の捜索方法は一筋縄ではいきません。 そもそも、行方不明者の...
記事一覧
Return Top